新規会員登録で500円分ポイントプレゼント! 【会員登録はこちら】

世界のクリスマス
和氣
2021/11/19 00:00

11月になり、街中がキラキラとし始めましたね。
イルミネーションが始まると、もうすぐクリスマスか~とワクワクした気持ちになります。

クリスマスは1年の中でも代表的なイベントですよね。
皆さまは毎年どのように過ごしていますか?
おうちでお祝いしたり、友達や大切な人と過ごしたり、1人を満喫したり、、、過ごし方は様々ですよね。
私は、感染対策に気を付けながら、大学時代の友人とちょっと豪華なクリスマスケーキを買って楽しむ予定です♪

年に1回のビッグイベント。
世界6大陸の中で、クリスマスをお祝いしない大陸はないのだそうです。
ですが、日本のクリスマスの祝い方は他国とは異なりびっくりされることも多いのだとか。

そんな各国のクリスマスの違いや、N-EXTで取り扱い始めたクリスマスアイテム!などについてお話したいと思います。

クリスマスの始まり

クリスマスと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?
「サンタさん」「トナカイ」「雪だるま」「プレゼント」「クリスマスケーキ」、、、など誰もが共通で認識している部分ですよね。
しかし、クリスマスの起源は?と聞かれると詳しく知っている人は意外にも少ないのではないでしょうか。
一番多い回答は、「イエス・キリストの誕生日」だと思われます。
ですが正確に言うと「イエス・キリストの誕生をお祝いする日」だとされています。
同じようなニュアンスですが、意味は異なります。

実は、キリスト教の聖書にはイエスが生まれた日が12月25日だという明確な記述がありません。
そのため、生まれた日ではなく生誕を祝うのだそうです。
キリスト教のカトリック教会において、イエスの誕生をみんなで祝うようになったことが現在のクリスマスの始まりだと言われています。

世界中のクリスマス

日本

日本におけるクリスマスは、家族でお祝いももちろんですが、恋人と過ごすロマンチックなイベントだというイメージも大きいですよね。
『来年のクリスマスまでには彼氏・彼女を!』と宣言したことのある方も多いのではないでしょうか?私もよく宣言しています、、、(^-^)笑

ですが、クリスマスに恋人を優先するのは日本独自の考え方だそうですよ。
また、クリスマスにチキンやクリスマスケーキ(ショートケーキ)を食べる、という習慣も他国との違いです。
他国ではクリスマスに食べる料理といえば”七面鳥”で、ケーキといえば”ブッシュ・ド・ノエル”だそうです。

日本でチキンやショートケーキが根付いたのは、某フード店のマーケティング戦略からだと言われています。
近年では色々な種類のケーキが発売されていますが、定番のクリスマスケーキはやっぱりいちごのショートケーキですよね。

フランス

クリスマスイブ・クリスマス当日は一家団欒を楽しむのがフランス流。

フランスの伝統といえば「ブッシュ・ド・ノエル」が有名です。
「クリスマスの薪」を意味し、薪や切り株の形をしています。
ブッシュ・ド・ノエルが作られるようになった由来は、「キリスト生誕時に暖炉で薪を燃やしたから」、「クリスマスに暖炉で薪を燃やすのが祝福の象徴だから」、「貧しくてプレゼントを買えない青年が、暖かく過ごしてほしいという理由で彼女に薪をプレゼントしたから」など様々です。

今では日本のクリスマスにも、ブッシュ・ド・ノエルが店頭に並んでいますよね。

フィンランド

フィンランドの北部の都市ロヴァニエミには、サンタクロースの住む「サンタクロース村」があります。
森に囲まれた幻想的なこの村では、なんとサンタクロースやトナカイに会うことができるのです。
冬場はオーロラが見られることもあり、世界各地から観光客が訪れるそうです。
サンタさんに会うことができ、更にオーロラも見ることができたら、、、夢のような空間ですね。

そんなフィンランドのクリスマスは、24日から26日の3日間です。
イブの日には、サウナに入るそうですよ。
最も大切な祭日であるクリスマスを迎える前に心身ともに清めるという意味が込められているのだそうです。

アメリカ

キリスト教徒が多いアメリカでは、クリスマスは家族で過ごします。
なので、基本的にお店は開いておらず、日本でいうお正月のようなものだそうです。
アメリカではお正月に年賀状を送るのではなく、クリスマスの時期にクリスマスカードを送り合うのが一般的です。

オーストラリア

南半球のオーストラリアでは、真夏にクリスマスを迎えます。
サンタクロースは暖かそうな赤い洋服を着て、ソリにトナカイというスタイルではく、半袖・半ズボン姿でサーフボードに乗ってやってくるのがポピュラーだそうです。
飲み物もワインではなく、ビールを飲み、焼いた鶏肉にかじりつくスタイル。

ザ・クリスマスのイメージとは全く違った、ワイルドでかっこいいイメージですね。

アイルランド

小さかった頃、サンタさんに手紙とおやつを置いておく、、、というようなことをしませんでしたか?
私は毎年、手紙とミルクとクッキーやケーキを置いていました。(両親には、サンタさんは色んなお家でもらっていてお腹がいっぱいだから少なめにね、と言われていました。笑)

そんな習慣がアイルランドにもあるのですが、アイルランドではビールとおつまみを用意するのだそうです。
随分と大人仕様のクリスマスでびっくりしました!
サンタさんもこちらの仕様の方が嬉しいかもしれませんね(笑)

ドイツ

ドイツでは12月25日に向かうまでの4週間をアドベント(待降節)といい、ドイツの人にとって1年で1番大事な、幸せと喜びに溢れる4週間だそうです。
クリスマスシーズン、ドイツではどの街でもクリスマス・マーケットが開かれています。
ドイツはクリスマス・マーケットの聖地と言っても過言ではありません。
冬の寒さから体を暖めてくれるホットワインを片手に、クリスマス雑貨や熱々のソーセージやスープの屋台を巡るのです。

日本でも、各地でクリスマス・マーケットが開かれていますよね。
夜、街が暗い中でキラキラとした空間を巡るのが楽しく、寒い中あたたかい物を食べると更に美味しく感じるので好きなイベントです。

そんなドイツはクリスマスツリーを飾る習慣を広めたとも言われています。
クリスマスツリーについては様々な諸説があるのですが、そのうちの1つをご紹介します。

ドイツには、マルチンルターという神学者がいました。
ルターがクリスマスイブの日にふと空を見上げると、木と木の間に輝く星が見えたのです。
その様子がとても綺麗で、ルターはとても感動しました。
そしてその感動を多くのこども達にも共有したいという思いから、木に飾り付けを始めました。

それがのちに、クリスマスツリーに変化したと言われています。


ここまで様々な国のクリスマスの過ごし方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
日本では、クリスマスは楽しく盛り上がる1大イベントの一つであり、恋人や友人と過ごし、街中はワイワイと賑わっている、というイメージでした。
ですが、海外のクリスマスはクリスマス当日までを賑やかに過ごし、当日は家族と過ごす国が多く、お店も閉まり街は静かだそうです。
同じクリスマスでも、色々なお祝いの仕方がありますね。

また、ドイツの話でも登場したクリスマツリーもクリスマスの定番ですよね。
N-EXTでもクリスマスツリーを扱っているので、ここからはN-EXTのクリスマスアイテムをご紹介します!

N-EXT クリスマスアイテム

クリスマスツリー

高さ50センチのものから220センチと、お子様が楽しんで飾り付けをできるものから店舗演出向きのものまで幅広く取り揃えています。

L.ミニツリー(プランター付)
50センチ
商品を見る
M.コンテナツリー
135センチ
商品を見る
ミックスパインツリー
180センチ
商品を見る
スリムパインツリー
220センチ
商品を見る

クリスマスオーナメント

クリスマスツリーには、可愛いオーナメントも必須です!
定番のボールオーナメントや、サンタさんのオーナメントはやっぱり可愛いですよね。

ボールオーナメント
レッド(1箱6コ入)
商品を見る
サンタオーナメント
(1箱6コ入)
商品を見る
ボールオーナメント
シャンペン(6個セット)
商品を見る

個性的で他のツリーと被らないオーナメントや、ドライフラワーオーナメントまで取り揃えています。
ドライフラワーをクリスマスツリーに飾るイメージはあまり無いかもしれませんが、一気に華やかな雰囲気になるのでおすすめです。

クラウンオーナメント

商品を見る
ポインセチアピック
レッド(3本セット)
商品を見る
グリッターベリースプレー
レッドゴールド(1束×3)
商品を見る

まだまだあります!全オーナメントアイテム一覧

クリスマス雑貨

クリスマスツリーは大掛かりで面倒くさい、幅を取るので置場がない!
という方には、1アイテムで気軽にクリスマス気分を味わうことのできるクリスマス雑貨をおすすめします。

ミックスミニツリー
商品を見る
ベリーミックススワッグ
商品を見る
ベリー&リボンリース
商品を見る

これらのアイテムは、ミニサイズながらクリスマス感満載です♪
玄関先に飾り付けたり、机の上に置いたり、壁に掛けたり、、、様々なシーンで大活躍。
ちょっとしたプレゼントにも良いですね。

ガラスLEDツリー
01
商品を見る
クリスマスランタン
(LED付)
商品を見る

ライトをクリスマス仕様に変えるのもおすすめです。
LEDライトで暖かみのある幻想的な空間を演出してくれますよ。

ツリー+オーナメントセット

クリスマスを全力で楽しみたい!ツリーも飾り付けたい!
でもバラバラで購入するのは面倒、、、という方には、N-EXT限定のツリー+オーナメントセットがおすすめ!!
単品購入よりもお得にお求めいただけます。

ミニツリーセット(高さ50cm 幅20cm)

お子様も飾り付けを楽しめる!レッド×グリーンで統一感を演出。

ツリーセット(高さ135cm 幅50cm)

お部屋の中にぴったりのサイズ感。
定番のボールオーナメントからサンタ・スノーマンのオーナメント。
また、アクセントとしてドライフラワーオーナメントをセレクトしました。

ビッグツリーセット(高さ220cm 幅90cm)

店舗演出にもぴったりのビッグサイズ。
大きなツリーと沢山のオーナメントで、一気に華やかな空間に仕上げます。

まとめ

今回のブログでは、各国のクリスマスの過ごし方やN-EXTで取り扱い始めたクリスマス雑貨についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

日本に住んで、日本の常識が当たり前と感じていましたが、各国のクリスマスの過ごし方を改めて調べると驚いたことが沢山ありました。
皆さんはどの国のクリスマスが気になりましたか?
私は、サンタさんに会いに行った先でオーロラも見られる!!かもしれないフィンランドに一番惹かれました。人生で一度は行ってみたいです。

N-EXTのクリスマス特集は、ツリー+オーナメントセットが一番おすすめです。
かわいいバランスになるようオーナメントをセレクトしたので、是非チェックしてください。

6月のサイトオープンより、初めてのイベント特集が組めたこと嬉しく思っています。(ハロウィンは間に合わなかったので)
これからも、沢山のイベント特集を開催できるよう頑張ります!
皆さまのリクエストなどありましたら、各SNSのコメントにて是非教えてください。

Instagram→ @next_ec2021

Twitter→@NEXT210615

それでは、2021年のクリスマス、皆さまが楽しい時間を過ごせるよう願っております!

合わせて読みたい記事