新規会員登録で500円分ポイントプレゼント! 【会員登録はこちら】




人工芝以外に準備するもの

【土に施工する場合】
①人工芝用接着剤 ディノグリップ
②人工芝用接着剤専用くし目ごて(ディノグリップに付属)
③人工芝用固定ピン
⑤はさみ  ⑥メジャー
⑦カッター ⑧砂利下シート(防草シート)
⑨デッキブラシ ⑩チョーク
⑪ハンマー ⑫砂利下シート用固定ピン

【コンクリート等に施工する場合】
①②又は④(人工芝用両面テープ)
⑤はさみ  ⑥メジャー
⑦カッター ⑨デッキブラシ
⑩チョーク


①施工場所の整地を行う
雑草や石などを取り除き平らに均します。
転圧などで地盤の凸凹を無くすことが、仕上がりを美しくするポイントです。
(地盤の水はけが悪い場合は人工芝上に水たまりができますので、砂を入れるなどして水はけを良くして下さい。)

②防草シートを敷く
防草シートを設置します。防草シートを広げ、防草シート用固定ピンで固定します。
(防草シートの固定間隔は、シートの周囲を約50~100cm間隔)。
シートの重ね部分は約5~10cmほど重ねます。

③人工芝を準備する
人工芝はロール状で保管されており、端が傷んでしまう場合があります。
サイドの1目~2目をカットすることで、ジョイント部分が綺麗に仕上がります。
※N-EXTターフは工場で綺麗にカットしているので、必要に応じて実施してください。

④人工芝の設置
人工芝をたるみのないよう広げ、仮敷きします。
芝目(芝の寝ている方向)が揃うよう、必ず1方向に展開します。

⑤人工芝のマーキング
設置場所の長さ、アール部分(曲線部分)や構造物等に合わせて、裁断部分にチョーク等で印を付けます。

⑥人工芝をカットする
人工芝を印部分で、カッター(またはハサミ)で裁断します。
パイル(草)まで切ってしまわないよう、なるべく裏からカットします。

⑦両側の人工芝をつきあわせる
両側の人工芝をつきあわせ、重ならないか、間隔が開いていないか、ジョイントラインが曲がっていないか確認します(この際、ジョイント部分を接着剤で防草シートに固定したり、両面テープで貼り合わせるとより強固になります)

⑧人工芝用固定ピンで固定します。
縫い目方向と平行になるよう、またパイルを巻き込まないように打ち込みます(固定間隔は、人工芝の周囲を50cm間隔)。
ジョイント部分は2枚の人工芝をまたぐように打ち込みます。

【コンクリートやベランダ等へ施工する場合】
ジョイント部分を両面テープで張り合わせます。
テープが人工芝の中央部分になるようコンクリートに印をつけ、両面テープを貼り付けます。
(両面テープを剥がす際、コンクリート面にテープが残る為十分ご注意ください)
剥離紙を剥がしながら人工芝を片側ずつ貼り、ジョイント部分を転圧し、圧着させます。

⑨ブラッシング
デッキブラシなどでブラッシングし、芝を立たせ完成です。


※コンクリート部やベランダへ接着固定する際の注意点
◆接着剤の場合
専用の接着剤を使用し、くし目ゴテで塗布し全面接着を行って下さい。
また水抜き穴や端から接着剤がはみ出さない様に注意して下さい。


◆両面テープの場合
両面テープで貼り付けを行う場合、なるべく貼り付け箇所を多くとり、雨や風が強くあたる場所でのご使用は避けて下さい。